G&T Season 1 Ep 10
《Ep 10 あらすじ》

Giulioとの外出から帰宅後、「もう喧嘩はしたくない」と言うSerenaと抱き合おうとするが、
Tommyの体はまるでSerenaを拒否するかのように機能しない。
翌日GiulioがTommyの元を訪れるが、Tommyはまるで昨夜の出来事が嘘のようにGiulioを冷たくあしらってしまう。
激しく変化する不安定なTommyの態度にGiulioは呆れ、彼の元を去る。




 英語の他、数カ国語の字幕が設定できます(日本語なし)




**何故かこの第10話だけ観られなくなってたのでこの10話のみVimeoのほうへのリンクを貼ってありましたが、
You Tubeのほうでもまた観られるようになったみたいなので、元に戻してあります。
Vimeoでの方でも観てみたい、という方のために、そちらへのリンクも残しておきますね。
英語字幕がYouTubeのものと違ってたりするので、見比べてみるのもいいかも。

   Vimeo G&T Episodio 1x10 (このEp10については無料でご覧頂けます)

動画右下の「CC」というボタンクリックしてもらえれば、英語字幕を設定できます。







《感想》

いよいよワタクシの大好きな第10話でございます。
何が好きってねえ、やっぱあそこですよ、Tommyが最後感情を爆発させちゃうとこ。

GT10-7s.png

この瞬間は本当に観ていて辛いし切ない。観てるこちらも胸がキリキリと張り裂けそうになっちゃう。
でも美しい。だから何回も観ちゃうんですが。
この瞬間のために今までの9話があった!と言っても過言でないくらいに好きなシーン。



GT10-9s.png

「クソみてえな気分だ」って言いながら泣くTommy。
彼は本当の自分を殺して生きていることに気付いちゃったんだろうな。
それってとんでもなく辛いことだよね。



GT10-10s.png

そう言えば、インタビューでMatteo(Tommy)が「自分で気に入ってるシーンはどこ?」と聞かれてこのシーンを挙げてて、
「I'm very happy with the first breaking moment of Tommaso」って言ってましたが。
演じる役と自分との壁を初めて壊せたというか、初めてTommyと一体になれた瞬間だったんだろうな。
いやー、ほんと素晴らしいシーン、演技。
対するFrancesco(Giulio)も、怒りながらあんな長いセリフを言えるってすごい。
それがMatteo(Tommy)からあの瞬間を引き出せたのかもしれないとすると、ほんとこの2人のケミストリーはすごい!って思う。







GT10-3s.png

プールの後でSerenaと仲直りしようとするんだけど、Tommyってば勃たないんだよねw  「こんなこと今までなかった」ってSerenaに言われて。
せっかく楽しい夜だったのに、またここでTommyは不安定になってしまって。ホントここらへんの彼は葛藤しまくってて、見てて辛い。
でもそんな苦しんで葛藤してるTommyが観たいんだよねw だから何度も観ちゃうわけなんだけど。


そして最後、Giulioの肩で泣き崩れるTommyを見てしまったSerenaですが、
5年前のあのトイレでのキスを見ていた、ってこともここで明かされます。
Serenaにとってもあれは悪夢だったんだろうな。










『G&T』で学ぶ、今日のイタリア語!  その10


「Mi dispiace (ミ・ディスピアーチェ)」 ⇒ ごめん、悪かった (残念だ、の意味も)

12:34のところ、GianlucaのクラブでTommyがGiulioに謝る場面のセリフ。
英語の「I'm sorry」にあたり、英語と同じで「ごめんなさい」としても、「残念だ」「お気の毒に」のような場面にも使うようです。
冒頭でTommyが帰宅したところでもSerenaが「Mi dispiace」と繰り返して言ってましたね。

あと5話でTommyがGiulioの実家に行った日、キッチンでGiulioがマンマに「Tommyの両親は数年前に交通事故で亡くなったんだ」って
話した時、マンマが「お気の毒に……」みたいに「Mi dispiace」と呟いてました。








G&T Music

そして今回のG&T Musicはやはりコレでしょう!



「じゃあ行けよ!」ってTommyが爆発しちゃったところで流れ始める曲。すごく良いチョイス!
Adeleのカバーなんだけど、Adeleのオリジナルバージョンよりこちらのほうがこのシーンにはピッタリな気がします。




関連記事
スポンサーサイト

Tag:G&Twebserie

Comment 0

What's new?