ドラマ『マジシャンズ』が面白い!
「TUT(トゥト)」を観にHulu行ったら、Huluプレミアのセクションに「マジシャンズ」というドラマのバナーが。
「あれ?『謝罪の贈り物』のセバスチャンじゃない?」っと思ってクリックしたら、やはりセバスチャンことジェイソン・ラルフ君じゃないですか!
先日も「アンフォゲッタブル」観てたらセバスチャンがゲスト出演してたし、「Looking」の第1話にも出てきて「あっセバスチャン!」なったし、
ジェイソン君と縁があるのかいな?これは観ろってことかいな?と思って試しに観てみたら、まー面白いこと。


Magicians-30.jpg





字幕版Trailer







吹替版Trailer







《シーズン1 第1話 あらすじ》

ニューヨークに住む卒業間近の大学生クエンティン・コールドウォーター。彼はうつ病と診断され、カウンセリングに通う日々を送っていた。
ある日、イェール大の大学院進学のため、唯一の理解者であり幼なじみのジュリアとともにOBの家を訪ねる。
そこで、子どもの頃から愛読しているファンタジー小説「フィロリーとその先」の未刊であるはずの第6巻の原稿を手にする。
その原稿に導かれるように、不思議な世界に迷い込んだクエンティンは、魔法使いを養成するブレイクビルズ大学院の試験会場へと案内され
合格する。
学生寮での生活が始まったクエンティンと院生たちの前に、ビーストと呼ばれる得体の知れない魔法使いが現れる。
一方、クエンティンと同じ会場で試験を受けたが不合格となったジュリアは、謎の魔法使いの組織ヘッジ・ウィッチにスカウトされる。





・「マジシャンズ」公式サイト


お。主人公クエンティン(ジェイソン君)の吹替は、「Misfits」のサイモン(イワン・リオン)の声やってた西健亮さんなんだ。
サイモンとクエンティン、気弱なオタク青年みたいな、ちょっとキャラ似てるとこあるかもね。





「大人のハリポタ」とか「エロいホグワーツ」とかw、色々言われてるようですが、まさにその通りかも。
「エログロありの大人のハリポタ」って感じでしょうか。
えっ、去年の3月からシーズン1配信されてたの?ぜんっぜん気付いてなかったっていうか、全く目に留まってなかったですわ。
今年の3月からシーズン2の配信始まったそうなんですが、そのタイミングで気付いたようです。
えー前からバナーあったっけー?うそーん!

このバナー ☟

Magicians-32.jpg

こんなんあった?ホントに?(しつこいw)

HuluはHBOが撤退したし、そろそろ解約しようかなーと思ってたら、フリーダさんの「The Path」もHuluでしか観れない言うし、
この「マジシャンズ」もHuluでしか観れないし、あー困ったw





子供の頃、いや大人になってからもそうですけど、「魔法が使えたらいいのに」って思ったことないですか?
昔の少女漫画やアニメじゃ簡単に魔法使ってたイメージだし、「いいなあー」って心底羨ましかったりしてね。
でも「ハリポタ」のホグワーツもそうだけど、この「マジシャンズ」のブレイクビルズ大学も大変そうっていうか、
こんなに大変なのかー、そらワタクシにゃ無理だなー、とあっさり諦め付きますねw
このブレイクビルズでも、「ハリポタ」での「名前を言ってはいけないあの方」と同じような邪悪な存在があって、人が死んだり、
大変な事件起こったりして。

そこは「ハリポタ」も同じような感じですが、何しろ「大人のハリポタ」と言われてるくらいですから、「大人のあれこれ」も絡んできます。
彼らの私生活のことだけを言ってるのではなく、「性的魔法」というものもあるのですよ。
セックスして同時にいかないと魔法が効かない、とかねw
なので、ちょこちょこそういうシーンが出てくるのが「大人のハリポタ」「エロいホグワーツ」なんて言われる所以でしょうか。
あとたまにグロいシーンも出てきます。まあそう大したこともないけど、予想してないところで出てきたりするのでビックリするのよね。






Magicians-7-560.jpg

ワタクシのセバスチャンことジェイソン君はw「謝罪の贈り物」ではかまってちゃんな、いかにもお坊ちゃん育ちで傲慢な感じでしたが、
この「マジシャンズ」のジェイソン君、同じ人とは思えない、まるで別人さんでした。俳優さんてほんと凄いね。
「謝罪の贈り物」の時にもとても繊細な演技で、これから楽しみな俳優さんだなあって思ったんだけど、この「マジシャン」でも
ほんのちょっとした瞳の動かし方とか表情の変化とか、とても丁寧に繊細に演技してるなあって思います。
もしかしてジェイソン君にとって初めての主役というか大役なのかな?
このドラマでブレイク、ってことになるんでしょうかね。


Magicians-4.jpg

ドラマは本国ではシーズン3まで放送済みで、シーズン4も決定してるそうで、楽しみです。






これは「謝罪の贈り物」のジェイソン君。このセバスチャンが最後泣かせてくれるんですよ。

Magicians-27.jpg

これは最後、とてもステキなセリフを言ってるシーン。


「謝罪の贈り物」についてはコチラ ⇒ ★★★

想像もしてなかった、拾い物の良作でした。Netflix観れる方はぜひ!






これは先日記事に書いた「アンフォゲッタブル」にゲスト出演してたジェイソン君。

Magicians-26.jpg


出てきた瞬間「あ、またセバスチャンやん」ってちょっと嬉しかったんですよ。
セバスチャン!真面目に頑張ってるやん!みたいなw


「アンフォゲッタブル」についてはコチラ ⇒ ★★★





「Looking」の第1話冒頭にも主人公パトリックの元カレの役でちょこっと出てきて、そこでも「あれ、セバスチャンやん」ってなったという。
「セバスチャン、NYからサンフランシスコ行ってたんかいな」みたいなw


「Looking」についてはコチラ ⇒ ★★★





なのでずーっとワタクシの脳内ではジェイソン君=セバスチャンだったんだけど、「マジシャンズ」観たらやっと「セバスチャン」卒業出来て
「クエンティン」とか「Qちゃん」とかw、違う名前で認識出来るよーになりました。
すげーどーでもいいですよねスンマセンw
とりあえず久しぶりにまたセバスチャンに会いたくなって「謝罪の贈り物」を観返してしまったもんで。






話は「マジシャンズ」に戻りますが。


この主人公のクエンティンが、ものすごい能力を秘めてるのかな……と思いきや、ヘタレでちっともヒーロー然としてなくて、
フィロリーの世界のことで頭いっぱいのオタクで…ってのが面白いです。
最初、精神病院で治療受けてたりして、とても生きにくそうにしてるクエンティンですが、ブレイクビルズの試験に合格して、
魔術師の道を進むことになってからは生き生きとし始めるのも観てて楽しい。
ただ、これといって得意なものもなくて属性も決まらないクエンティンですが、とんでもない能力を秘めてるっぽい匂いはするので、
今後に期待ですかねー。
と言ってもクエンティン、いつも「ぽー」っとしてるんだけどねw

Magicians-14.jpg

メガネ女子はアリスという子で、代々魔法使いの家柄に生まれた優等生。
お兄さんもこのブレイクビルズにいたんだけど、数年前に死んでしまい、その事件を解明しようと日々勉強に勤しむ努力家ちゃん。




他のキャラもすこぶる魅力的なんですが、中でもクエンティンのルームメイトで、ペニーという女の子みたいな名前の男子が、
めちゃめちゃ白目が美味しそうでw、お気に入りなんであります。

Magicians-11-560.jpg

演じているのはアルジュン・グプタという俳優さん。名前から言って、おそらくインド系米国人であろうと思われます。
「殺人を無罪にする方法」とかにも数話出てるみたいです。
足が長くてモデルさんみたい。かっこいいよ~!



Magicians-16.jpg

いつも無駄に胸元開けて胸毛見せてくれるのもいいw
エイダン君と胸毛対決……はエイダンのほうが勝ちそうだけどw
このペニーという役、最初はクエンティンと対立してばかりで嫌な奴っぽいんだけどね、少しずつ仲間として認め合うようになって、
協力し合うようになるんです。それでもちょこちょこ口喧嘩してるけど。
ペニーは属性がレアな「トラベラー」ってやつ。「Misfits」のルース・ネッガみたいな、あちこち飛んじゃうあれだね。






あと、クエンティン達の上級生で、寮長みたいな存在のエリオットって子がいるんだけど、この彼のキャラもいいです。

Magicians-5.jpg

エリオットは享楽主義というのか退廃的というのか、快楽を追い求めることに血道を上げてるような人間なので、当然(?)バイセクシャル。
どこか貴族の血筋のような雰囲気を漂わせてますけど、実際は田舎の農場の生まれ、というコンプレックスを持ってることが明かされます。

エリオットの右はマーゴというエリオットにとって親友のような相方のような女子。
最初この子は恋人なのかと思ったけど、エリオットに彼氏できちゃうし、どうやら恋人同志と言う単純な関係でもなさそう(今のとこは)。
この子もいいキャラで好き。







んで。

Magicians-35.jpg

ジュリア役の子、どっかで観た顔なんだけどなー、誰だっけなー、と気になって調べてみたら、
「ランナウェイズ」でドラマーのサンディ・ウエストを演じてた女優さんだったのね。



Magicians-34-280x396.jpgMagicians-33.jpg

右の写真、前列左端がステラちゃん(サンディ・ウエスト役)


つってもチョイ役だし、いまいち覚えてなかったけど(ごめん!)。 誰かに似てるなーって印象かもしれませんけども。
このステラ・メイヴちゃん演じるジュリアが一応はヒロインということになるのでしょうか。
この子だけいまいち好きになれないキャラなんだよなあ。自分のことしか考えてない子って言うか。
そりゃみんな自分のことで精一杯だけど、魔法使えるようになりたい、っていう思いが強すぎて、そこに邁進するあまり、
恋も生活も何もかもが滅茶苦茶になっちゃう部分は観てるこちらも苦しさを覚えますけど、あまり同情したくはならない、っていう。
シーズン1の終盤になってやっと落ち着いてくれたかな、ってホッとしてたらまた裏切られる、というw
いや、決して嫌いってわけじゃないんだけどねw





その他、大学の教授の役で、日本人のヒロ・カナガワさんも出演しておられました。

Magicians-17-HiroKanagawa.jpg







あと、シーズン1最後にとある人物として出てきたイケオジのおっちゃん。

Magicians-3.jpg


誰だっけ、何に出てた人だっけ、誰かだよなー、ってモヤモヤしたので調べてみたら、
「デスパレートな妻たち」の最後のシーズンでヴァネッサ・ウィリアムズと結婚したあのおっちゃんだった!

Magicians-2.jpg

あースッキリしたー!
この方、「ホビット」のトーリン王こと、アーミティッジさんとちょっと似てる気がするのはワタクシだけでしょうか。




他にも、どっかで見かけたんだけどー……って人がチラホラ出てるので、海外ドラマ好きさんには、それを見つけるのも楽しいかも。





シーズン1は途中でやめられなくなって一気に13話観てしまいましたが、シーズン3はおそらく来年3月からだろうから、
シーズン2はのんびり観ようかな。どうだろ。やっぱ待てないかもなw


Magicians-15.jpg


Hulu契約してる方で興味持った方はぜひ!ご覧になってみてください。
冒頭からいきなり伏線張られてたりするし、ワタクシのような頭悪い人は「何?どういうこと?」って理解しきれてないまま観終えてたり、
なので、リピートして観たほうがより面白そうな感じはします。
ワタクシもシーズン2まで観終えたら「Misfits」みたいに何度もリピしようかな。
何と言ってもセバスチャン出てるし、アルジュン君の三白眼は美味しそうだしw




スポンサーサイト

Comment 0

What's new?