G&T Season 2 Ep 7
《Ep 7 あらすじ》

Christianとの関係に踏み出せずに悩むRikiにTommyは自分の体験を語り、Rikiに優しく寄り添う。
そしてGiulioはTeoからの真摯な思いを受け止めようとするのだった。



 英語の他、数カ国語の字幕が設定できます(日本語なし)




《感想》

今回はTommyの「お悩み相談室」的な回でしたねw
何だかTommyがずいぶん大人というかお兄さんに見えましたわ。この1年と半年で相当成長したと見える!



Rikiは一言も「彼」とは言ってないのに「彼」と見抜いていたTommy兄さん。

GTs2-7-3.png

「Giulioへの思いを認めるまで5年かかった。彼のことなんか愛してない、彼なんか必要じゃない、そう自分に言い聞かせてたんだ」って
5年も葛藤していたことをRikiに話して彼を勇気づけようとするんだけど、懐かしそうにGiulioとの話をするTommyはすごく幸せそうに見えた。
人が見たら未練がましいのかもしれないけど、彼にはそんなことはどうでもよくて、Giulioへの思いに迷いはないんだなあ、きっと。

GTs2-7-4.png









で、一方のGiulioはと言うと、
「君との関係を真剣に築きたい。だけど君が亡霊(Tommy)を振り払ってくれない限り、無理だ」みたいなことをTeoに言われて、
Teoの思いに応えようと決心するんだけど。

GTs2-7-2.png

正直、「ダメGiulio!『ごめんやっぱりTommyを忘れられない』って言わなきゃダメ!」って観てるほうは思ってしまうのですが、
うーん、誠意には誠意で応えたくなるのが人情ってものなんだろうか。とくにGiulioみたいな生真面目な人間は。
Giulioもいい加減前に進まなきゃって思ったんだろうな。


だけどこれ、Season 1でのTommyと同じ轍を踏もうとしてるようにしか見えないんだよね。
つまり、本当の自分(の気持ち)を殺して、楽なほうを選んで生きてくってこと。
Teoは大人だし、自分を愛してくれてるし、彼に身を委ねていればきっと幸せになれる。そう思うのも無理はないけど。








そんなGiulioにマンマから大量のメッセージが。

GTs2-7-6.png

マンマに電話して血相変えて出て行くGiulioに嫌な予感しかないよー。







そしてSaraはNicholasにキスされて違うステージに!?

GTs2-7-7.png







とそこへGiulioから着信が。





リレーのように今度はTommyのもとへ(おそらくSaraから)連絡が。

GTs2-7-8.png






あああああ!大好きなGiulioパパに何が起こったの!!!

GTs2-7-12.png







……っとそこに黒いレザー・バングルが見えた瞬間、血圧急上昇↑↑↑!!!

GTs2-7-9.png






Tommyが「助けに来てくれたスーパーヒーロー」に見えましたw

GTs2-7-10.png

ここ、いったんBGMが消えてパパの病室の心電図の音?だけになって、そこにTommyの腕がすっと現れるってとこ、すごい好き。
Giulioと同じように泣きそうになった。 あああやっぱりTommyだよ!Tommyなんだよ!こういう時!






「後ろからぎゅっと同盟」メンバーとしては非常に萌え死にそうになったシーンw

GTs2-7-11.png

てか男子カップルでの「後ろからぎゅっと」に萌えるとは思ってもみなかったw
泣きそうになったり萌え死にそうになったり、忙しい終わり方だったなあw


あーでもGiulioパパ大丈夫なのかなあ。大好きなパパだから心配でたまりませんよ(つд⊂)












『G&T』で学ぶ、今日のイタリア語!  その20


「Che è successo? (ケ・エ・スチェッソ)」 ⇒ どうしたの?

18:55あたり、帰宅したTommyが泣いてるRikiに話しかけるセリフ。
英語で言うと「What happened?」「What's wrong?」ってやつですね。「どしたん?」「何があったん?」ってやつ。
「Che cosa è successo?」って「cosa(what)」をつけるのが丁寧な言い方っぽいですが、「cosa」無しでも「どしたん?」ってことみたい。
それに対してRikiが泣きながら
「Non capisco più niente (もう何もわかんないよ)」っと前回のイタリア語で紹介した「niente」を使っておりました。








G&T Music

そして今日のG&T Musicはコレにしてみた。




珍しくちょっとHip-Hopテイストの曲で好みだったので。

この人たち、他にも色々聴いてみたいです。





関連記事
スポンサーサイト

Tag:G&Twebserie

Comment 0

What's new?