G&T Season 2 Ep 10
《Ep 10 あらすじ》


Giulioを追ったTommyだが、やはり「No」と言うGiulioを解放するほかない。
パーティーは容赦なく進み、気付けば飲みすぎてしまったTommyにスピーチの時間が訪れる。


 英語の他、数カ国語の字幕が設定できます(日本語なし)



season2banner10-s.jpg




《感想》

今回もなかなか中身の濃い回だったんでないでしょーか。時間短めの割に。うん。



のっけから例のSerenaとTommyの「疑惑の夜」のシーン!

GTs2-10-1.png



GTs2-10-3.png

しかもこのキス、Tommyからキスしたんじゃなくて、SerenaのほうがTommyを引き寄せて行ってるんだけどねえ。
Tommyが「こんなことやめよう」って拒否する姿を見てホッとしたけど、でもキスしちゃったという事実は消せないわけですよ。





そしてGiulioを追ってトイレへ姿を現したTommyさん。

GTs2-10-4.png




ちょっと壁ドンちっくなw

GTs2-10-5.png





触れるか触れないかのキスがすごく色っぽかったシーン。

GTs2-10-6.png

このシーン、Giulioがめちゃめちゃ色っぽく見えてドキドキします。
てか、いつものTommyなら強引に迫って無理やり唇奪ってしまうとこだけど、このキスの感じ、すげー色っぽくてツボった!w
Giulioも思い切りキスしたいのをギリギリ理性でこらえてるような感じで、すごく色っぽい。
欲望を耐えてる男の人って色っぽくない?w





そしてここ!最後GiulioがTommyの胸元に手を這わせるんですよ!見えるかな?

GTs2-10-7.png

ほんの一瞬のことだけど、口では「No」って言いつつ、手がTommyに触れようとするの!
この一瞬の手の動きだけで「ホントはTommyを求めてるんだなあ」って思えて。
Francescoはさすが演出家だけあって、こういう細かい仕草で表現するのがほんと上手いなあって思う。





何回押してもダメだったから引き気味で頑張ったんだけどねーw

GTs2-10-8.png







そしてTommyがGiulioを追って行ったのを見ていたTeoとまたギクシャク。

GTs2-10-10.png



そこで回想シーン。TeoがGiulioを落とした瞬間w

GTs2-10-11.png

やだなあーもうー。傷ついたGiulioを傍で支える振りして、虎視眈々と「この時」を狙ってたんでしょアンタ!w
てか、まだTommyと付き合ってる頃から狙ってたでしょ!w





どん詰まりになったTommyはSaraと酒盛りw

GTs2-10-12.png

てかこの後のSaraのセリフ、
「Giulioがアンタと付き合ったのって、アンタのアソコがキュートで曲がってるからってホント?」
ってやつにウケたw そうなんですか?Tommyさんw





そして酔っ払ったまま、グダグダなスピーチをしてしまう若きCEO、Tommyさん。

GTs2-10-14.png

サプリメントについて話さなきゃならんのに、愛について語ってしまうというw
まあ、最後上手くまとめましたけどね。




ダメ押しのようにGiulioに「愛してる」と言っちゃうし。

GTs2-10-15.png





SaraはSaraで、パーティープランナーなのに酔っ払って、Gianlucaにステージから「愛してる」と言っちゃうし。

GTs2-10-16.png




でもって今カノのEmmaとCat fight しちゃうし。

GTs2-10-17.png






ステージからのTommyのメッセージがGiulioに向けられたものだってTeoには解っちゃって。

GTs2-10-18.png

ここのシーンもすごく切なかったなあ。
やっぱりGiulioとTommyの「あのこと」をTeoは気付いてて、それでもGiulioを信じようとしてたんだよね。
Giulioのセリフにもあった通り、Teoは彼氏としては完璧な相手だったんだと思う。大人で、尊敬できる憧れの存在で。
だけど、それはやっぱり「恋」じゃなかったってことだよね。
我を忘れてバカやって、欠点だらけのみっともない姿を晒してしまうのが恋ってもの。
だけどそんな恋じゃなかったって言うか、やっぱりGiulioにはあの「大バカ野郎」しかいないんだよw 
子供だしメチャクチャなヤツだけど、だけどやっぱりTommyしかいないんだよw





GTs2-10-19.png

Giulioはこの時ハッキリとTeoに「I'm in love (with him)」って言ったけど、Tommyをまだ愛してるって自覚はあっても、
「彼を許す」こととはまた別の話になっちゃうんだろうなあ。
だからこそこんなに苦しんでるんだし。







Tommyさんもパーティーも、もうグチャグチャですw

GTs2-10-20.png





そして冒頭のシーンの続きになる回想シーン。

GTs2-10-21.png

「このことは誰にも話さないでおこう。頼む」ってTommyからのメッセージにSerenaは「OK」とだけ返すんだけど。
この時、彼女の心に復讐の炎が点ってしまったのでしょうか。






そして最後ビックリだったのがここ、GianlucaがSaraの家まで行って「I really f**kin' love you」って告げるシーン!

GTs2-10-24.png

Emmaと付き合ってても、Gianluも本心ではSaraのことが忘れられずにいたんだね。
うーん、Emmaちゃん嫌いじゃなかったし、Season 2のSaraって何だかすごくイジワルだし、でちょっとだけ複雑なキモチw
まあ、Sara好きだから幸せになって欲しいんだけどさ。











『G&T』で学ぶ、今日のイタリア語!  その23


「Ti amo (ティアモ)」 ⇒ 愛してる (I love you)


もうね、今日はこれしかないよねw
冒頭でSerenaがTommyに言った「Ti amo」、スピーチのあと、TommyがGiulioに言った「Ti amo」、
SaraがGianlucaに言った「Io ti amo」、最後GianlucaがSaraに言った「Io ti amo」と、4つもTi amoが出てきました!
「Ti amo」って何て美しい言葉なんだろうって思います。

「Io ti amo」=「I love you」だけど、主語の「Io (= I )」を外した「Ti amo」だけでも「I love you」になるらしい。
そこは日本語と同じだね。
響きの美しさから言って、「Ti amo」とだけ言うほうが好みだなあー。
「Elisa di Rivombrosa」でもクリスチャンがエリーザに「Ti amo」と言うシーンがあって、響きの美しさにウットリと観てしまうんですが。

てかTommyさん、ワタスにも「Ti amo」言うてくれんかなーw 夢の中でいいからさw









G&T Music


今日のG&T Musicは、トイレの中でのあの色っぽいシーンの後ろに流れてたこの曲。




レトロな雰囲気がステキ!






あと、SaraとNicholasが踊るシーンで流れてたカッコイイ曲。
        ↓
Keep On Dancin' / Dario Sigal  (soundcloud)


ちょっとDUFTPUNKっぽい雰囲気でカッコイイ!








関連記事
スポンサーサイト

Tag:G&Twebserie

Comment 0

What's new?