Christian Grey…と言えば?
最近イタリアで or ヨーロッパ各地で「Elisa di Rivombrosa 2」をまた放送しているみたいで、
Twitterなどで色々と流れてくることが俄かに増えてきたような、そうでもないような。
でもYou Tubeにアップされてる数が増えたのは明らか。


Elisa di Rivombrosa94-s





この「Elisa di Rivombrosa」シリーズを製作・放映しているのはMediasetというところなんですが、
ケーブルTVなのか普通に民放局なのかは解りませんけども、「チャンネル5」ってことはやっぱ民放?
でもシーズン1なんてヌードやベッドシーン多かったのに、あれケーブル放送じゃなかったらエライ国だなイタリアってw
まさか日本のN〇Kみたいな国営放送局じゃないとは思いますが、ありえそうで怖いw
真面目にニュース読むお姉さんとかも普通に胸元ぐぐっと開けて谷間見せてる、って聞いたことありますしねー。



Twitterで流れてきた写真をお借りしてきました。

Cw2QPPaXcAAZipG-s.jpg

心なしか、デジタルリマスターされて綺麗な画質になってるような、なってないような……

くー!ワタクシも綺麗な画質でカピターノの綺麗なお顔を拝見したい!w







んで、同じくTwitterでこんなやつが流れてきたので、コチラもお借りしてみました。



Cw751kYWEAAMu2B-s.jpg

       ↑
これにはAntonio Cupoご本人も「いいね」してましたよw
ワタクシも「Anch'io ! (Me too)」ってリツイートさせて頂きましたです、ハイ。




これでもすっごい納得!
世間的には「クリスチャン・グレイ」と言えばあの「Fifty shades of grey」のクリスチャン・グレイなのでしょうが、
Elisa観てた人間からしたら「クリスチャン・グレイ」と言ったらもう「絶対カピターノ!」なんですよ!w
両方観て両方好きな方もたくさんいらっさるかも、ですけどね。

「Fifty――」のほうの原作者の方(イギリス人でしたっけ確か)もカピターノの存在はご存知だったのでしょうか、
それとも単なる偶然の一致なのでしょうか。それは解りませんが。
いずれにしても、「クリスチャン・グレイ」がいい男に当てはまるいい名前であることに違いはありませんねー、うん。
厳密に言えば、カピターノの名乗っていた「クリスチャン・グレイ」には秘密というか事情があるんですけどね。
ネタバレになるので言えませんが……って誰も観ないかw







イタリアのGossip TVというセレブの追っかけみたいな番組があるんだけど、そこのWebサイトにもこんなのが。

christian-grey-50-sfumature-elisa-di-rivombrosa.jpg

50の原作者はElisa di Rivombrosaにインスパイアされたのか?みたいな記事でした。


カピターノ=クリスチャン・グレイを演じたAntonio Cupoが、もしも「Fifty――」のほうのクリスチャン・グレイを演じたら……
なんて妄想しただけで失神してしまいそうですw(アホすぎ)
いや、そういうの演じるタイプの方じゃないんだろうけどね、もうちょっとお色気シーン観たいんですよね、ファンとしてはw

Elisaでのラブシーンがあまりにも生ぬるすぎたのがいけないんだよ!
ファブには全てをさらけ出して挑んだくせに!w

ブツブツブツ……(´・з・`)






以前ここで「カピターノの台詞を翻訳するという野望を抱いている」と豪語してしまったワタクシですが、
進歩状況としては、とりあえず2話(1話約90分)ぶんくらいのイタリア語の台詞を紙に書き出したってところかなあ。
あ、リボンブローザ部分はスルーしてます。とてもじゃないけど、そこまで行き着けない。
1分ちょっとしかないような短いシーンでも、台詞を書き出して見ると案外長くてですねー。
これ終われる日がいつか来るの?と目の前がさーーーっと真っ白になっちまうんですよねw
しかも自動生成のイタリア語だと、5割か6割くらいしか正確じゃないかもしれない。
18世紀のイタリアが舞台のお話なのに「Facebook」とか「website」とか「download」とか出てくるんだもん(´;ω;`)
しかも全く何の文字も出てこない台詞も多くて、耳コピだけでは絶望的じゃん、って心打ち砕かれますねw



でも「G&T」で鍛えた(?)お陰なのか、簡単な台詞なら時々聞き取れたりすることもあって、
しかも自動生成のイタリア語のほうが明らかに間違ってる、ワタクシの耳コピの方が絶対正しい!ってこともあって、
そんな時は心底嬉しい。
日本語にしてみたら「一体どうしたの」だの「わからない」だの、そんな程度の簡単な台詞なんですけどね。
それですら半年前には全然理解出来なかったので、少しは進歩してるのような、してないのような。
しかし何でイタリア語ってあんなに早口なの(つд⊂)




まあ取り敢えずざざーっと書き出してるところなので、きちんとした日本語に出来るのはまだまだうんと先になりそう。
意訳もしなければなりませんしね。
いつか日本語字幕つけた動画を作るのが目標だけど、それやっちゃいけないことなのかw

イタリアのMediasetのElisa担当者の方、このブログに気付いてくれて、字幕付きのリマスター版DVD出して下さらないかしらー。
日本語字幕なんて贅沢言いませんから。
せめて英語なら何とかなるし、何ならイタリア語のみでもカマン、カマーン(۳˚Д˚)۳ なんだけどなあ。
G&Tの字幕環境が手厚いだけにね、余計に虚しいですねw






記事だけじゃ寂しいから何か動画を貼って帰ろうかな、と思ったら、
Elisa e Christianのカップリングのやつはもうほとんど全部貼ってしまったのねワタクシったら。
自作で作ろうかと思いましたが、写真をもっと集めたいのでもうちょっと後にしときますw






そうだなあ、じゃあドラマのオープニング映像でも貼って帰りますかね。


シーズン2、カピターノが登場する前のオープニング。なので3話ほどしか流れていないというやつ。
          ↓








カピターノ登場以降のオープニングはコチラの冒頭部分でどうぞ。(メイキング映像とインタビューという特典映像)
          ↓


我々カピターノファンにとったらもう、何十回となく観てても毎回キュンとくるのはコッチのオープニングのほうですね。
始まって20秒のあたり!あああ何て可愛いんだカピターノ♥
ここはアレですね、「Agnese vieni (アニェーゼ、おいで)」ってElisaの娘ちゃんを懐柔するとこですね。




これこれ、このシーン。
        ↓
christian-ep4-2s.jpg


カピターノのこのかわうぃ笑顔見たさに、何度もこのシーン観てしまうという。
ワタクシがAgneseちゃんなら間違いなく「クリスチャンのお嫁さんになるぅー!」ってダダこねちゃうねw
こんな素敵なお兄さんが新しいパパでも嬉しいんだけどさ、でも出来ることならお嫁ちゃんのほうがいいw








vlcsnap-2016-11-23-21h21m32s609-s.png



vlcsnap-2016-05-31-00h08m00s096-s.png



ま、そんな感じで、ゆっくりではありますがボチボチ翻訳にも取り組んでいるワタクシなのでございました。
この日本で一人でも多くのファンが増えてくれることを願って頑張ります!w






あ、そう言えば。
Christian Greyこと、Antonio Cupoの日本未公開作のDVDをアメリカに発注してあるのですが、
届き次第ここで記事にしたいと思ってるのに、1ヶ月経ってもまだ届かないんだけどー!ヽ(`Д´)ノ
船便だろうからまあそれくらいはかかるよね…と思いつつ、以前米国密林から買ったとにおさんは3週間で届いたのになあ。
まだ届いてないのに「評価ヽ(´ー` )ノオクレヨン」ってメール来たしw


うーん、うーん。
ちゃんと届くんだろうかw

無事に届いたらそのうち記事にします。
たぶん……w






関連記事
スポンサーサイト

Tag:AntonioCupo ElisaDiRivombrosa2

Comment 2

某S吉

うっ、やっぱカピターノはキレイ~(*´ω`*)

こんちゃ~、遅ればせながら参上いたしましたです。 
そうそう、クリスチャン・グレイといえば我々にはカピターノですよねーwww
「フィフティ~」の方、映画は見てないけれど、原作は読みましたよん。うん、面白かったし、せくすぃでした~(内容が内容だから当たり前かwww)
ええっ、カピターノがあっちのクリスチャンになったら??
う……、妄想だけで鼻血がでてしまいそうじゃないですかwww 
実際、あっちのクリスチャンはトワイライトシリーズのエドワードに触発されてできたキャラなんでしたよね、確か。
あの役柄のイメージとカピターノはちょっとつながらないかもだけどもw、

>もうちょっとお色気シーン観たいんですよね、ファンとしてはw
ウイウイ、首を強く振って同意いたしますです。
それなんです! まさにww。
毎回スカチャでも言ってることですが、うん、ラブシーンがねえ~(;´∀`)。
足りないです。激しく不足していますwww

そして、翻訳につきまして 
>進歩状況としては、とりあえず2話(1話約90分)ぶんくらいのイタリア語の台詞を紙に書き出したってところかなあ。
おお、お疲れ様です~。てか、うん、どうかゆっくりでw。
独学でやるっていうのは、ホント大変ですし。

>18世紀のイタリアが舞台のお話なのに「Facebook」とか「website」とか「download」とか出てくるんだもん(´;ω;`)
うっ……なんでそんなことが起こるのー。
おまいさんは(ようつべさんのこと)賢いんじゃなかったんかい、と怒りたくなりますなあ。ほんとなんでそんな単語が出てくるんだが不思議www

>しかも自動生成のイタリア語のほうが明らかに間違ってる、ワタクシの耳コピの方が絶対正しい!ってこともあって、
そんな時は心底嬉しい。
おお、それは素晴らしいなあ、確実にモノにされてるんですね!
語学に関しては「耳」ってとっても大事なものだと思うので、うん、Noraちゃんはいい「耳」をお持ちだと思うんですよー。
外野からお気楽にいってしまいますが💦、ホント頑張って下さいな。ただし気楽にw、のうてんきにww

>イタリアのMediasetのElisa担当者の方、このブログに気付いてくれて、字幕付きのリマスター版DVD出して下さらないかしらー。
ねー、ワタシも絶対買いますよ!
……てか、これも前言ったことではありますが。
ちゃんと「イタリア字幕付き」っていうのをですね、製作会社さんが忠実にやって下されば今頃こんなことには……(´・ω・`)

あ、そういえば。
Mediasetのカナル(というそうなw)5、ちょっと軽くくぐってみたら、普通の民放なのね。
で、あのシーズン1の時はあんなラブシーンをお茶の間に公開してたっぽいのねwww
恐るべし、イタリアwww

ああ、しかし。画像やオープニングを見て、やっぱカピターノはカッコイイし美しいとホレボレするアタクシなのでした、(´∀`*)ウフフ
ごめんちゃい、キモくてwww
DVDの到着、心よりお祈り申し上げます!

2016/12/10(Sat) 17:16

Edit | Reply | 

Norajiro

にょほほほ(*´∀`*)


ドモドモ、おいでませ~マダムぅ~ヽ(*´∀`)ノ
わざわざお呼び立てしてしもうてすんまへんなあ。
いらしてくださるだけで嬉しいですのに、毎度毎度おいちいお米をありがとちゃんでございますよーホント。



 
> そうそう、クリスチャン・グレイといえば我々にはカピターノですよねーwww
> 「フィフティ~」の方、映画は見てないけれど、原作は読みましたよん。うん、面白かったし、せくすぃでした~(内容が内容だから当たり前かwww)

あ、そう言えば原作読んだって言うてらしたわね。
アレですか、あのお方の本懐のためでしょうかwww←自分ちでまでしつこいwww
ワタクシ、Fifty――のほうのクリスチャン役のジェイミー君にちっとも萌えないので食指が動かないんでありますがw、
カピターノがアッチのほうのクリスチャンも演じてくれてたら、絶対前のめりで観るし読むし買うし!!!みたいなwww
ジェイミー君も無精ひげで出てる他のドラマだと10倍好みなんですけどねw



> ええっ、カピターノがあっちのクリスチャンになったら??
> う……、妄想だけで鼻血がでてしまいそうじゃないですかwww 

鼻血出た挙句、失神してしまうこと必至ですね。そう、妄想だけでw
だってあんなことやこんなことするんだよ!?Elisaとのあんな生ぬるいラブシーンでお茶濁されてる場合ぢゃないわよ!?w



> 実際、あっちのクリスチャンはトワイライトシリーズのエドワードに触発されてできたキャラなんでしたよね、確か。
> あの役柄のイメージとカピターノはちょっとつながらないかもだけどもw

そうそう、もともとはいわゆる「虹小説」だったらしいですね。
映画化に当たってはマトさんをクリスチャンに切望する声がものすごくて、署名運動まで起こったんじゃなかったっけ?
マトさんは「せくーすシンボルになりたくない」とか何とか言って断ったらしいけど、
もしマトさんが演じていたら、マトさんととにおさんが「クリスチャン・グレイ」繋がりになってたのか!!!って思うと、
妙に感慨深いものがあると言いますか…惜しい!と言いますかw



> >もうちょっとお色気シーン観たいんですよね、ファンとしてはw
> ウイウイ、首を強く振って同意いたしますです。
> 足りないです。激しく不足していますwww

(:.o゚з゚o:.).:∵ブッ
激しく不足、してますねーwwww
仕方なく脳内で補完して書き出しているというw



翻訳の件にも労いのお言葉ありがとザマス♪

> >しかも自動生成のイタリア語のほうが明らかに間違ってる、ワタクシの耳コピの方が絶対正しい!ってこともあって、
> そんな時は心底嬉しい。
> おお、それは素晴らしいなあ、確実にモノにされてるんですね!
> 語学に関しては「耳」ってとっても大事なものだと思うので、うん、Noraちゃんはいい「耳」をお持ちだと思うんですよー。

うーん、どうなんだろw
まあ元々英語の先生に「ヒアリング『だけ』はいい」と褒められたような褒められてないようなw
でもイタリア語はラテン語圏の中でも割と聞き取りやすい言葉じゃないかなと思うし、やっぱ「G&T」の英字幕のおかげだと思うんですよー。
英語以上に語彙の少ない言語なのかもしれないと思うよ。同じ言葉ばかり何度も出てくるしねw



> 外野からお気楽にいってしまいますが💦、ホント頑張って下さいな。ただし気楽にw、のうてんきにww

ういうい、あざます! まあ、結構本人お気楽にやっとりますよw
学生時代に戻ったみたいですけどねw



> Mediasetのカナル(というそうなw)5、ちょっと軽くくぐってみたら、普通の民放なのね。
> で、あのシーズン1の時はあんなラブシーンをお茶の間に公開してたっぽいのねwww
> 恐るべし、イタリアwww

そうそう、そうなのよ。カナル5って民放なんですのよw
お茶の間にお色気が浸透してるんだなーイタリアって国あ!www
何しろ元ぽるの女優が国会議員に当選しちゃう国なんですから。



> DVDの到着、心よりお祈り申し上げます!

まだ来ないんですけどーーー!!!アヒャヒャヘ(゚∀゚*)ノヽ(*゚∀゚)ノアヒャヒャ
もう笑うしかない!"ァ '`,、'`,、(´▽`;) '`,、'`"



カピターノのシーンばかりを繋げて、そこに和訳つけて、ここにその動画うpする、ってのが目標なんですが、
いつになることやらw

てかそもそも、そんな暇あったら本宅何とかせーや!って話なんですけどもw
ま、執筆合間の気分転換だってことで。
(気分転換の方が本業になっているという本末転倒な現実はこの際忘れてくれたまへ)


ってな感じで、カピターノやとにおさんの記事もこの先また出てくると思いますんで、
お暇なときにでもちょろちょろっと覗いてみてくださいねん。
あ、お米とか気になさらず、お気軽にね!w
や、もちろんカピターノ談義はウェルカム&ウェルカム!!!なので、めっちゃ嬉しいんでございます♥


いつもお付き合いくださってありがとんでございますよー♥
またお暇な時にでも遊んでやってヽ(´ー` )ノオクレヨン

2016/12/11(Sun) 02:21

Edit | Reply | 

What's new?