アガサ・クリスティ 『そして誰もいなくなった』
2015年に英国BBCがアガサ・クリスティ原作の「そして誰もいなくなった」をドラマ化し、2016年に日本のNHK BSで放送されたそうなんですが、
先日4月上旬にようやくDVD化されたようなので早速密林さんにてポチってみました。
何故かと言うとエイダン・ターナーが出てるからw 
それだけでポチんなよ、って話なんですけどね。でも日本語字幕付きのエイダン出演作って案外少なくて、貴重なんですもん。




andthentherewerenone-6.jpg

海外版のBlu-rayディスクはパッケージのど真ん中にエイダンが配置されてて、主役扱いです。いいぞいいぞー!w





BBC Trailer







コチラのLifetime版のTrailerのほうがわかりやすいというか面白そう。








《あらすじ》

1939年8月のイギリス、デヴォン州。
オーエン夫妻と名乗る謎の人物から招待状が届き“兵隊島"の邸宅を訪れた互いに面識のない男女8人は、
執事のロジャーズ夫妻に迎えられる。
邸宅の各部屋にはわらべ歌「10人の兵隊」の詩が飾られ、食卓には10体の人形が置かれていた。
オーエン夫妻の到着を待ちながら、食事を終えくつろいでいた8人は、スピーカーから突然響きだした謎の声を聞く。
その声は、彼らの黒い過去を暴くものであった。その後、邸宅では「10人の兵隊」の詩になぞらえたかのような不審死が続く…
嵐で孤島の島に閉じ込められた邸宅の滞在者たちが、1人、そしてまた1人と消えていく...

(Amazonより)




原作は有名だし、以前にも何度も映画化やドラマ化された物語なので、内容をご存知の方も多いんじゃないかと思います。
ワタクシ、アガサ・クリスティものは「ナイル殺人事件」や「オリエント急行殺人事件」は大昔にTVで観た記憶がかすかにあるんですが、
実はあまり覚えていないんですよね。
「そして誰もいなくなった」もタイトルだけは知ってましたが、ストーリーは全く知らなかったのでありました。
んで、日本のTVドラマはここ数年ほとんど観てないので知りませんでしたが、日本でも最近この原作をドラマ化してたんですね。




andthentherewerenone-9-320x452.jpgandthentherewerenone-10-320x427.jpg

左の日本語のパッケージのがワタクシが購入したDVD。エイダンは下段右端、ケースをひっくり返さないと顔見れませんw
3話収録 + 特典映像付きの2枚組という内容で、一応三つ折りのブックレットみたいなものも付いておりました。







    








屋敷じゅうに飾ってある「『10人の兵隊』の詩」が殺人のモチーフになっていて、その詩をなぞらえたように次々と人が死んでいく、というお話。
その詩についてはドラマの中でも説明はされるんですが、いまひとつ解りにくいので、どういう詩なのかを一応ここに記しておきます。



・10人の小さな兵隊さんが、食事に行き、1人が喉を詰まらせ、9人になった

・9人の小さな兵隊さんが、夜ふかしをして、1人が寝坊し、8人になった

・8人の小さな兵隊さんが、デヴォンを旅して、1人がそこに残り、7人になった

・7人の小さな兵隊さんが、まき割りをして、1人が体を真っ二つに割って、6人になった

・6人の小さな兵隊さんが、蜂の巣をつつき、1人が刺されて、5人になった

・5人の小さな兵隊さんが、法律を学び、1人が大法官府裁判所に入って、4人になった

・4人の小さな兵隊さんが、海に出かけて、1人が燻製ニシンにのまれ、3人になった

・3人の小さな兵隊さんが、動物園に行って、1人が熊に抱きしめられ、2人になった

・2人の小さな兵隊さんが、ひなたに座って、1人が焼け焦げ、残りは1人

・最後に残った小さな兵隊さんが首をくくり、そして誰もいなくなった







……という、なんとも暗いというか、気味の悪い詩なんであります。
ミステリーにネタバレは御法度!だと思いますので、詳しい内容については触れないようにして、
「ホビット3部作」の時のように、ひたすらエイダン・ターナーだけを追っかけたいと思いますw
でもって、エイダン、割と最後のほうまで生き残ってるよ、ということだけバラしておきますw





長めの巻き毛というイメージの強いエイダンですが、このドラマでは短めの髪に綺麗におヒゲも剃って登場します。

andthentherewerenone-2-320x665.jpgandthentherewerenone-3-320x665.jpg


もうねこれジェームズ・ボンドにしか見えないんですよワタクシ。


andthentherewerenone-14.png


andthentherewerenone-15.png


andthentherewerenone-9.png


ティモシー・ダルトンの頃というか、ちょっとクラシカルなボンドって雰囲気、漂ってません?
もしエイダンがボンドになったら、ピアース・ブロスナンに続いて二人目のアイリッシュ・ボンドになるそうな。







ぎゃ!このサングラスと似たやつ持ってる!と無駄なとこでてんそん上がるワタクシw

andthentherewerenone-6.png

エイダンの奥、白い上着の渋いおじ様のトビー・スティーヴンスって、あのマギー・スミスの息子さんなんですね!
お母様のマギー・スミスも「ナイル殺人事件」や「地中海殺人事件」等に出演しておられましたから、アガサ・クリスティに縁の深い親子ですね。
その奥はなんとサム・ニール! しばらく見ないうちにお年を召しておられました。





エイダンとサム・ニール。

andthentherewerenone-18.png

サム・ニールもアイルランド生まれの方なんだとか。若い頃の画像探したら、エイダンと何となく表情が似てるお顔もございました。








andthentherewerenone-7-640x353.jpg

この集合写真にはいませんが、ミランダ・リチャードソンなんかも出てまして、嫌味なフェミニストおばさんを余裕たっぷりに演じてて、
さすが!って感じです。
(「ダメージ」でジェレミー・アイアンズの奥さんを演じてた女優さん)





andthentherewerenone-1.jpg


あと執事のロジャースさんを演じてる人、トム・クルーズの「ヴァニラ・スカイ」に出てた人じゃない?と思ったら、やはりそうだった。
んで、最年少のダグラス・ブース君は、エイダンと次の映画でも共演するみたいなので楽しみです。
ちなみに「ポルダーク」でエイダンの奥さんのデメルザを演じてるエレノアちゃんも共演するんだとか。






そしてエイダン演じるフィリップ・ロンバードという人物は、元傭兵で、アフリカで21人もの人間を殺したという、何だかおっかない役w

andthentherewerenone-20.png


andthentherewerenone-5.png


1人だけあっさりと罪を認めているというか、開き直ってるというか。
まあ傭兵というか、殺し屋みたいな仕事なわけだから、それも納得なんですが。
でも観てるうちにこのロンバードが実は一番まともな人間なんじゃないかと思えてくるんですよね。
まあこれ以上は言えませんけども。






んで、イケメン要員エイダンはやはりというか当然というか、お色気部門も担当、ということでw、ファンには嬉しい(?)役回りだったり。


andthentherewerenone-4.jpg


andthentherewerenone-1.png


andthentherewerenone-2.png


まあNHKでも放送されるくらいだから、そんな激しくはないのよね。残念だけどw

andthentherewerenone-4.png






立派な胸毛もいっぱい堪能できます!www

andthentherewerenone-22.png


andthentherewerenone-19.png


andthentherewerenone-23.png


他のおじさん衆がかなり高いウエスト位置でタオル巻いてるのに対して、エイダンはギリなところでタオル巻いてるのがツボったw
エイダンはローライズ世代だし、衣装のハイウエストのズボンも慣れなくて気持ち悪かったと思うw
特典映像のインタビューでもそんなこと言ってました。






でも、とある時点でエイダン演じるロンバードも結局は死んでしまうのよね。

andthentherewerenone-17.png


全員死んじゃうことだけはわかってたから、そこまで悲しくはなかったけど、可哀相にはなりましたw
観るまでストーリーを全く知らなかったので、最後は完全に騙された!って感じで面白かったです。
ワタクシ、普段ミステリーはほとんど読まないんですが、このアガサ・クリスティの原作はいつか読んでみたいです。



てか、NHK BSプレミアで去年放送されたらしいんですが、リピート放送ってないんですかね?
面白いドラマだったし、ちょこちょこ放送してくれるといいのにな。
なんならNHKさん、「ポルダーク」も放送してくれてもいいのにw
英国の時代劇と言ったら「ダウントン・アビー」とかぶっちゃうかなw


もしリピート放送する日が来るようでしたら、ここでお知らせしようかなと思います。
……て、そんな日が来るんかなw
まあその日が来ることを祈りつつ、ついでに「ポルダーク」の字幕版DVD発売も祈りつつw、本日はこれにて。










関連記事
スポンサーサイト

Tag:エイダン・ターナー

Comment 2

某S吉

うひゃっ素敵(*´ω`*)☆



おお、早速記事ありがとうございます~(*´ω`*)
スカチャで伺って以来気になってましたのよーー。
で、短髪のエイダンさん、かっこいい!!! 
いやもう、毎度言っているような気がしますがw、視線釘付けです、あう(*‘ω‘ *)
私的な好みとしては、長いか短いかが似合うような気がしますって、私の好みなんてどうでもいいんですけどww
なんてか、最初のタキシード姿を見てると、ほんときりっとした空気がより出ているような(*´ω`*)
ホレボレしちゃいますね、ほんと。で、妄想がわきまくり・・・・
ジェームズ・ボンド役も似合いそうw ぜひ実現してほしいなあ。 

しかし、キャストはさすがNHKが放送しただけあって?、豪華なのですね。
マギー・スミスさんの息子さんとか、サム・ニールさんとか。私、ニールさん結構好きなんですよw。
て、いって、大して出演作は見てないんですが、おひげ姿新鮮ですなあ。
(「チューダーズ」の中の枢機卿役で出ててね、すごく哀切が籠ってて好きでした。最後悲しい結果になっちゃうんですよ( ;∀;))

私もこの「誰もいなくなった」はタイトルだけしか知らないんですよね、これを機会に見て見たい気持ちがむくむく来ましたw。
エイダンさんが出てるならそらもう買い決定、みたいなwww参考資料としても手元に置いときたいというか、何回もみてうっとりしたい、みたいなwww

そうそう、ぐぐってみたら、日本でも何回か映像化されているんですねw、ググったら最初いっぱい出てきたので少しびびりましたww。
クリスティー原作のドラマって他もそうですよね。最近?でいうと、野村萬斎さん主演で「オリエント急行殺人事件」てのもありましたね。
しかし、「10人の兵隊」の詩は、おっかないですね。
このあたりイギリス産ミステリーの陰湿さがこの時代から出てるような気もしました。

>他のおじさん衆がかなり高いウエスト位置でタオル巻いてるのに対して、エイダンはギリなところでタオル巻いてるのがツボったw
ぷぷぷww
やっぱお色気担当だから演出家さんの指示なのでは~w お茶の間向けのサービスショットなんでせう、きっとw

ええと最後はエイダンさんの役もなくなってしまうようですが。むーん、まあタイトルがあれですもんねえ。
何となく復讐モノなのかなーと思いながら、うん、これはやっぱり買い!ってことでちょっとあとで密林さんへ行ってくることにしますw。
リピート放送はないわけじゃないと記憶してますがw、でも今時点ではなさそうですよねえ。。。
また何かクリスティ特集とかない限りは難しいでしょうかねえ。
是非何かニュースをキャッチなさったら教えて下さいなww。
どもども記事ありがとございました(*´ω`*)ノ

2017/05/09(Tue) 13:37

Edit | Reply | 

NORA

ロンバードさんよ安らかにw



いらっさいましマダム♪ お待ちしておりますた。
つか、こちらこそ早速気付いてくだすってお米まであざます!



> で、短髪のエイダンさん、かっこいい!!!

うへ☆ こんなクラシカルなヘアも似合っちゃうエイダン。
キーリみたいなおちゃらけ一切なしのシリアスなキャラなので、ほんとセクスィでございました。


> 私的な好みとしては、長いか短いかが似合うような気がしますって、私の好みなんてどうでもいいんですけどww

お、そうなんですね。ワタクシ的な好みはポルダークくらいか「Being Human」くらいの長めな感じかなあ。
でも短くても坊主でもチョンマゲでもwww、なんならキーリみたいな超ロン毛でもカッコイイw


> ジェームズ・ボンド役も似合いそうw ぜひ実現してほしいなあ。

これねワタクシ的にはものっすごい葛藤があるんですよ。
ボンドやってるエイダンもすごーく観たいけど、あまり大物になりすぎてしまうのもちょっと嫌なんでw
ワガママなファン心理でゴメンねーって感じですけども。


> しかし、キャストはさすがNHKが放送しただけあって?、豪華なのですね。
> マギー・スミスさんの息子さんとか、サム・ニールさんとか。私、ニールさん結構好きなんですよw。

そうそう、以前サム・ニールの話したことあったから、きっと観たくなるだろうなあって思った!w
マギー・スミスの息子さんも画像漁るとお母様と似てるかも!ってお顔もあったりして。ちょっと老け顔ですがw


> (「チューダーズ」の中の枢機卿役で出ててね、すごく哀切が籠ってて好きでした。最後悲しい結果になっちゃうんですよ( ;∀;))

おお!「チューダーズ」出てらっさるんだ。そりは知らんかった。
エイダンも「チューダーズ」でTVドラマデビューしたし、何かと縁がありますなあ。


> 私もこの「誰もいなくなった」はタイトルだけしか知らないんですよね、これを機会に見て見たい気持ちがむくむく来ましたw。
> エイダンさんが出てるならそらもう買い決定、みたいなwww参考資料としても手元に置いときたいというか、何回もみてうっとりしたい、みたいなwww

「参考資料としても手元に置いときたい」ってのはやはり、あの肉体美を描きたいというアレですかw
そりともあの立派な胸毛を描きたいというアレでしょうかwww
あっ、そりともあんなことやこんなことの参考資料か!w


> そうそう、ぐぐってみたら、日本でも何回か映像化されているんですねw、ググったら最初いっぱい出てきたので少しびびりましたww。
> クリスティー原作のドラマって他もそうですよね。最近?でいうと、野村萬斎さん主演で「オリエント急行殺人事件」てのもありましたね。

オリエント急行のほうもあったんだ!そりは知りませんでした。
アガサ・クリスティ自体、横溝正史なんかにも影響与えてるみたいだし、そうやって影響を受けたものを何らかの形で観てる、っていう経験はきっとしてるんでしょうね。
みんなミステリー好きなんだねえw てか、ミステリーってドラマに打って付けなのかもしらんですね。


> しかし、「10人の兵隊」の詩は、おっかないですね。
> このあたりイギリス産ミステリーの陰湿さがこの時代から出てるような気もしました。

暗いよねー。
ほんと陰湿というか、こんなんが童うたなのか?ってぎょっとするけど、まあ日本の「かごめかごめ」とかもちょっと怖いですけどねw


> >他のおじさん衆がかなり高いウエスト位置でタオル巻いてるのに対して、エイダンはギリなところでタオル巻いてるのがツボったw
> ぷぷぷww
> やっぱお色気担当だから演出家さんの指示なのでは~w お茶の間向けのサービスショットなんでせう、きっとw

そそそ。
ポルダークも無駄に上半身裸シーン多くて、「あー、お茶の間サービスなんだなー」と思いながら恩恵に与ってますがw
でもエイダン、右腕上腕部に変な漢字のタトゥー入ってるから、メイクさんがその都度消してるんだと思うと、逆に目が行ってしまって、胸毛ウォッチングに支障をきたす場合もあったりする、というジレンマwww ←いやアンタだけだと思うw


> 何となく復讐モノなのかなーと思いながら、うん、これはやっぱり買い!ってことでちょっとあとで密林さんへ行ってくることにしますw。

うう……毎度毎度アタクシのせいで散財させっちまって申し訳ない。しかもこれちょっとお高いし。
まあでも買って損はなかったと思うし、最高の胸毛ウォッチングにもなりますしーwww
てか、胸毛胸毛言うてたら、三白眼と同じで胸毛も萌え材料になりつつある自分が怖いですがw、
もし購入⇒視聴した際には、またスカチャでロンバードさん祭りでも開催いたしましょうぞマダムw

ほんとに毎回熱いお米をありがとちゃんでごぜえますだ♪
ちなみに手元に「アメリカン・メアリー」も届きましたんでね、そのうちビリー兄さん祭りも開催されるかもしれませんw
またお暇な時にでも|ω・`)チラっと覗いてみてくだせえまし。

Grazie!!!

2017/05/09(Tue) 23:17

Edit | Reply | 

What's new?