『A Long Way Down - 幸せになるための5秒間』
最近Netflix全然観てなくて、久しぶりに新作チェキしてみましたら、ずーっと観たいなーって思ってたイモージェン・プーツの
日本未公開作が追加されてるじゃないですか!


A Long Way Down4



Trailer







《あらすじ》

大みそかの夜。未成年者とのセックススキャンダルで大物司会者の座も家族も失ったマーティン(ピアース・ブロスナン)は、
ロンドンで自殺の名所となっているビルの屋上から飛び降りようとする。
なかなか思いきれず躊躇していると、同じく自殺しようとするシングルマザーのモーリン(トニ・コレット)、
男にフラれたジェス(イモージェン・プーツ)、ガンを患った青年JJ(アーロン・ポール)と鉢合わせてしまう。
自殺する気をそがれた4人は、バレンタインデーまでは先に死なないと誓い合い不思議な縁を深めてゆくが…。



(↑ スターチャンネルHPより)





以下、ネタバレ少なめ。たぶんw


えーい、死んじゃえ!……とビルの屋上に来てみたら、同じ目的の人たちで混雑してて、死にそびれちゃいました、ってやつ?
で、ピアース・ブロスナン演じる元人気司会者のマーティンのモノローグから始まるので、彼が主人公なのかなと思ったら、
4人それぞれのモノローグがあり、それぞれの視点で展開するお話でした。



上のあらすじに、さらに補足すると、

未成年者とは知らずに(15歳が25歳に見えた、と本人言い訳してたw)「不適切な関係」を持って有罪になり、全てを失ったマーティン、
重い障害を持つ息子を自宅介護していて、ちょっと人生に疲れてしまったシングルマザーのモーリン、
イマドキ女子で口も悪いけど、失踪した姉のことや父親との関係で実は不安定なところのあるジェス、
何をやってもうまくいかなくて、イギリスで人生やり直してみたけど、やっぱりしっくり来ずに不安を抱えるアメリカ人のJJ。
彼らが、「飛び降りて死んじゃおう」と向かったビルの屋上で偶然出会い、不思議な縁で繋がっていくんだね。




んで、オープニングのクレジットを見てたら、「原作 ニック・ホーンビィ」の文字が!
ジョン・キューザックの「ハイ・フィデリティ」やヒュー・グラントの「アバウト・ア・ボーイ」の原作者じゃないですか!
「ハイ・フィデリティ」大好きなんだよねー♥…ってことで、俄然ワクワクしちゃったワタクシなんであります。



これこれ。

135845_280x396.jpg139147_280x396.jpg

この「ハイ・フィデリティ」、洋楽好きにはたまらんネタ満載のコメディなんですよね。ジョンキュー好きにも♥
「過去の相手=男は別件保存、女は上書き保存」ってアレもこの映画で学びましたっけね。
久しぶりにまた観たくなっちゃいました。
お!U-NEXTさんとこで324円で観れる!あとで行ってみよ♪






んで、この「幸せになるための5秒間」ですが。
イモージェンちゃんがめちゃめちゃ可愛い♥♥♥  大好きトニ・コレットも出てるー♥
トニさん、ほぼスッピンメイク?で、ちょっとやつれ感と言うか、お疲れ感すごかったけども。いやー女優魂っすね。
ピアース・ブロスナンってもう64歳なんだね。いつまでもハンサムなオジサマです。
アーロン・ポールはね、ワタクシ彼を観てるとオデコに目が行ってしまって、集中出来なくなる時がありましてw
「デコピンしやすそうなオデコだなー」とか「頼む、1回デコピンさせてくれ!」とかw(ファンの方スイマセン)
ビグバンのジムパと同じだな、そこw



A Long Way Down6-560



邦題の「幸せになるための5秒間」ってのは、映画をご覧になればお分かりいただけるかと思いますが、
日本未公開作に付けられる邦題って何でもっと考えてあげないんだろうw
「謝罪の贈り物」もすごくいい映画だったのに、邦題が安易すぎだったしなあ。




そうそう。
イモージェンちゃんのパパ役でサム・ニールも出てきました。娘を理解しようと頑張る、なかなか良いパパだったと思うよ。

A Long Way Down3-560





あと、ロザムンド・パイク演じるTV司会者がめちゃめちゃムカつく役で。(マーティンの古巣のTVショー)
「あーここにもマスゴミがいた」って感じでしたw
ロザムンド・パイクはここしか出演シーンないという、なんとも贅沢な役者の使い方。







ちょっと映画についてググってみたら、「自殺をテーマに扱ってるのに内容が薄い」だの、「テーマが自殺なのに軽すぎる」だの、
そういうふうに感じてる人がチラホラいてビックリ。
いやいやいや、コメディなんだし。それに決して軽んじてはいませんでしたよ?
それとも深刻に描かなきゃいけないの? じゃないと不謹慎だ!とか言われちゃうの?
従弟と再従弟(はとこ)の二人を自殺で亡くしてるワタクシとしては、むしろ自殺をシリアスに扱ったもののほうが観るの辛いんだけど。
誰だって「あーもうやだ。死んじゃいたい!」って思う瞬間ってあると思うんだけど。
そこから始まるこんな物語があってもいいと思うんだけどな。



最後はちょっとハラハラした部分もありましたが、まあ予想通りの大団円って感じではありました。
確かに「幸せになるための5秒間」って邦題は微妙だけども、もしもその5秒がワタクシの従弟にもあったとしたら。
そしたら今頃は違っていたかもしれないなあ、なんてことをチラッと思ったり。
まあ今さら言ってもしゃーないんですけどねw





そしてイモージェンちゃん。口は悪いけど、本当は繊細で不安定なところがあって、まさにウチのベティさんでした。

A Long Way Down5

お洋服もいちいち可愛かったー♥
見せてくれなくてもいいのに、プリンとした可愛いお尻も披露してくれてますw



ウチのベティさんも青い目設定に変えちゃおうかしらw

ImogenPoots1-560.jpg

イモージェンちゃん、アーロン・ポールとは「ニード・フォー・スピード」という映画でも共演してるんだね。
ラミ・マレックも出てるみたいだし、そちらも探して観てみようかな。








A Long Way Down2


『幸せになるための5秒間』は、Netflix、Amazonプライムビデオ、YouTubeムービー等でご覧になれます。
Amazonプライムビデオは有料レンタルで、SD(通常画質)版\300 , HD(高画質)版\400、
YouTubeムービーはSD(通常画質)版\400 , HD(高画質)版\500だそうです。

自殺というテーマの扱いが軽くて不謹慎、不愉快、と思われる方もいらっしゃるでしょうし、
ワタクシ的にも、もちっと深みのある人物描写が欲しかった気がせんでもないけども、
まあこんな出会いがあってもいいよね、人生捨てたもんじゃないね、っていう映画だったと思うので、
興味沸いた方はぜし♪







あ!

あと上の映画とはまったく関係ないんだけど、ドラン君の「マイ・マザー」もNetflixでも観られるようになってます。
ネトフリ会員さんでまだ未視聴という方は、この機会にぜし!





関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

What's new?